番外編 企業訪問 アーバンシステムみんたば!プロジェクト



EBRI事務局担当の岩松美千子こと、「みっちゃん」が会員企業各社を訪問させて頂いて、インタビューした内容を紹介するコーナーです。


今回は番外編!

2012年アーバンシステムみんたば!

プロジェクト報告でお送りいたします。


















2012年、アーバンシステムでは有限会社白神アグリサービス社と契約し、「みんたば!」というお米作りを中心とした、農業体験プロジェクトを展開しました。 田んぼの面積は20アール(2000㎡)、通常ですと玄米で960㎏、白米にして約860㎏のお米が収穫出来る予定です。


「みんたば!」について

企業や学校が、日本にある農地を活用し、作る喜びや豊さを感じながら同時に小さな社会貢献(耕作放棄地利用、地域経済活性、自給率向上等)を実現していくための農業プラットフォームの提供サービスです。農業未経験の人々が自ら農作業をし、そのプロセスをサポートする農業体験プログラム。農業や自然の胸を借りながら、人との交流の感動体験を通して、生きること、働くことの根っこをみつめ、視野を広げます。自分軸の強化や、新しい可能性を切り開きます。「人とお米を同時に育て」、同時に「都市と農村の社会問題を解決する」そんな地域連携農業体験プログラムが「みんたば!」です。


~現地農家・白神アグリサービス、木村さんより~

「みんたば!」では経済的繋がりプラス、精神的な繋がりや信頼性も生まれてきます。それはいろんな仕事についても言えることだし、お金だけの関係ではなく農家にとってもとてもうれしいことです。「みんたば!」での経験は相互理解とか信頼を生むことが出来ます。小さい時に自然体験した子供は大人になってから、年収が高いという統計もあるそうです。農家は都会の人に対して卑屈になっていましたが、交流を通し都会の人も大変というのがわかってきました。全然違う地域に住んでいながら、同じ飯を食った仲間であり、なんでも言い合えるようなそういう関係が築きあげられるっていうのは、目に見えない、お金に換算出来ない価値であります。これからも農家と都会とお互いを気にかけるいい関係作りが出来ればと思っています。


作ったお米の品種は「つがるロマン」。こしひかりの孫にあたる品種で、あきたこまちの交配によって生まれました。炊き上がりの香り、弾力性、食感が良く、さめても風味が落ちず形が崩れにくいという特徴があり人気の品種です。


【第一回目:苗作り】4/21(土)

参加者:岩松、霞末氏、山下


お湯に浸し、発芽を促す装置
種もみと肥料を合わせ、パレット作り









農作業は田植えをする前段階の苗作りからスタートしました。工程は種もみの発芽を促す準備から開始します。

良い苗を作る基本は種もみが目を出す為にたっぷりの水分と酸素と適度な温度が必要です。まずは60℃のお湯に10分漬け、そのあと冷水に漬けしっかり冷やします。それから水をはった水槽に10日から2週間ほど漬け、水を吸わせます。水槽の水が濁ったら水をはりかえ、充分水を吸ったら、今度は32℃の水に24時間寝かせた後、水分を良くきり、日陰で乾かします。乾いたら床土を入れた苗箱に播種しさらに土を被せ、30℃に設定した部屋に48時間入れます。すると土の隙間から1~2ミリの芽が顔を出します。その状態でハウスに移し、30日程度育てると、田んぼに植えられる苗が育ちます。

今回私は行ったのは、このうちの土と種もみと肥料を苗箱に入れる、パレット作りと呼ばれる作業でした。苗箱の板を機械に差し込むと、土→種もみ→肥料→土が板の流れに合わせ順番に下りてきて、パレットは完成します。一見単純な作業でしたが、機械の動きを見ながら効率良く、土や種もみの補充などを素早くしなければなりません。現地社員の方から指導を受けながら、気づけば沢山のパレットが完成しました。



【第二回目:田植え】6月1日(金)~3日(日)

 参加者:岩松、霞末氏、伊藤氏(EBRI顧問)、小堀氏(地神コンサルティング)、塩野氏(㈱オオハシ)










前回、苗作りを行ったパレットの苗はすくすく育ち、10~13㎝ほどになっていました。

手植えと機械植えの両方を体験し、まずは手植えの植え方の指導をして頂きました。器具でしるしを付けた箇所に30㎝幅で15㎝おきに3~5本の苗を手に取って差し込むように植えます。みんなで一列に並び、等間隔で綺麗に植えて行きます。植え方が浅いとすぐに抜けてしまうし、深すぎると水面に潜ってしまうし、意外とコツがいるようです。

 機械植えでは、パレットを機械後方に差し込み、運転し始めると勢いよく綺麗に植えられて行きます。手植え作業とは時間と労力は大違いです。運転は慣れてしまうと意外と簡単で、目印に合わせ真っすぐ進み、曲がるポイントさえ間違えなければ大丈夫です。

 田んぼ中央には、色の違う古代米をアーバンシステムのロゴマークに植え込み、秋には田んぼにロゴマークが浮かびあがるようにしました。倉庫屋上から植えるポイントを確認しながら、手作業にて丁寧に作業して行きました。



【第三回目:草むしり】8月3日(金)~5日(日)

 参加者:岩松、霞末氏、伊藤氏(EBRI顧問)、小堀氏(地神コンサルティング)、智大氏(小堀氏ご子息)、塩野氏(㈱オオハシ)、ドイティンガー氏(パッシブエネルギージャパン㈱)、石母田氏(書道家)、徳利氏(イーサプライズ㈱)、小柴












三回目は草むしりです。お米の作業はありませんでしたが、大豆畑にて伸び盛っている雑草をむしる作業を行いました。ある程度、農薬はまかれておりますが、それでも根強い雑草がはえており、ひとつひとつ手作業で取って行きます。しゃがみこんでの作業なのでかなりの重労働。夏の暑さも加わりみんな大変でしたが、大勢で取り組んだので、思っていたより多くの雑草を取り除くことが出来ました。









そして、今回はイベントを企画し、水をはった田んぼで、泥んこプロレス&泥んこ運動会を行いました。素足で田んぼに入ると泥の感触がひんやりと結構気持ちいいです。最初は汚れるのを躊躇していたものの、一度泥に浸かってしまうと、徐々に我を忘れて泥んこ遊びに皆興じてしまいました。

泥んこビーチフラッグは、ペットボトルをフラッグ代わりにし、「ヨーイドン!」の合図でペットボトル目がけて猛ダッシュ!体当たりする者、田んぼに勢いよく突っ込む者、誰が誰だかわからない位、みんな泥まみれになりました。

泥んこプロレスはメインイベントです。対戦相手をいろいろ変えてのトーナメント。相撲の要領で、相手をひっくりかえしたら勝ちです。ここでみんなのテンションは最高潮、スタートの合図と共にお互い組み合い、歯を食いしばって一歩も譲りません。一瞬の隙を狙って足をかけ、田んぼの泥に沈めたり、そのまま押し倒して勝者も一緒に泥まみれ。ここでの勝者はドイティンガー氏でした。その他、チーム青森とチームアーバンに分かれ、綱引き大会をし、泥んこ運動会は終了しました。子供の頃に泥遊びはしたものの、大人になってからこんなに自然に触れて、みんなひとつになって身体を動かすことって無かったと思います。土に直接触れることにより、自然や人とのコミニュケーションを感じました。